家族 Feed

2013年5月21日 (火)

相談♪

「チチには何をするんや?・・・」

「う~ん、農作業用かなぁ~・・・」

と、何やらヒソヒソ。

 

久しぶりに帰ってきた娘と末っ子の会話。

どうやら来月の父の日のプレゼントのことのようで・・・present

 

大学を辞め専門学校へ通い始めた末っ子は刺々しさがなくなり丸くなったようなheart

留年、退学、将来は・・・と不安と苛立ちの中で過ごした2年前とはかなり違ってきました。

大人になった?

そう末っ子も22歳。誕生日を迎えましたbirthday

 

お姉ちゃんの一声! いえ一言で医療専門学校へ。理学療法士を目指してただ今勉強中pencil

少しずつ周りも見えるようになってきたかなぁ~。

まだまだ先は長い! 頑張れ! 応援してるnotes

2013年3月 7日 (木)

涙・・・。

「あんたはいつも元気で長生きするようにっていってくるやろ・・・」

昨日届いた母からのメール。

「何時も泣いて文字が見えなくなる・・・」と続きます。

 

メールの最後にいつも「無理しないでぼちぼちな」と書き添えているだけなのにめっきり涙もろくなった母です。

 

どんな困難にも弱音を吐かず立ち向かうという強い母の姿。

これは娘でもある私に脈々と受け継がれ・・・。

     ↑    

このことは子供たちも認めています(笑

 

先日白内障の手術を受け「よく見えるようになった」と喜んでいたのですが、一度に歳をとったような感じを受けます。

どこへ行くにもおじいさんと一緒。軽トラが必需品♪

 

もっともっと親孝行を、もっともっと話を聞いてあげたいと思いながらも出来ていない自分がいます。

まだまだ理解に苦しむ?文面もありますが、メールはいつでも繋がっています。

老眼鏡をかけ背中を丸めて時間をかけて一字一字探していることでしょう。

 

一歳を迎えたひ孫の写真は宝物birthday

私よりも頻繁に送ってくれているような・・・感謝(*^_^*)

みんなみんなおばあちゃんの料理が大好き。お寿司もから揚げもハンバーグも。

やっぱり最後はこの言葉、「無理せんとぼちぼちな・・・」

また一緒にお茶を飲みましょうcafe

2012年12月 8日 (土)

小休止

ビュービュービューcloud

冷たい北風が吹きつけています。

こんな日は暖かい部屋でマッタリと・・・。やっていますnote

 

義父が怪我をして約1ヵ月が過ぎいろんなことがありました。

病院、仕事、家事・・・。

「病院へ行かなければ」という思いはずっと心の中に引っかかっていました。

見舞い。

看護師さんたちの鋭い視線・・・。

気持ちよく接して頂ける日もありましたが、それはやはりつらいものでした。

 

退院、介護施設への移動・・・思ったほどの疲れもなく義父は落ち着いていました。

面会。

転倒を考えて畳の上に布団を敷いて寝ていました。

何もない殺風景な部屋。

目の届かないことを前提に極力無駄な物、必要のない物はすべて預かりということ。

 

淋しいやろな・・・。

仕方ない・・・。今のままではどうしようもない・・・。

家族の負担を考えれば介護専門の施設の選択が正しいと思える。

 

今日は久しぶりにリラックス。

「行かなければ」「また迷惑をかけているのか」という気持ちから少し解き放たれて小休止。

今の施設にずっといるわけではないのでまだまだ落ち着いたわけではないけれど、肩が軽くなりましたhappy01

2012年12月 6日 (木)

現実

義父が入院して一ヵ月が過ぎました。

順調に回復、リハビリも頑張っていると思っていた矢先のこと・・・。

病院から電話がありました。

 

迷惑をかけているということは何度か聞いていましたが、最後通告を受けるとは思ってもみませんでした。

「眠れない」「一晩中ゴソゴソやっている」「ナースコールを何度も鳴らす」等々・・・。

辛い言葉ばかり。

そして、「自宅へ連れて帰って下さい」と・・・。

 

「もうこれ以上は無理!」

認知症状が出始めている義父は昼夜逆転生活。

同室の方も我慢の限界なのかもしれません。

 

「自宅へ」と言われても何の準備も心づもりもなく、ただただオロオロするばかり。

車に乗せても家の中までどうやって連れて入るのか・・・。

介護認定を受けてヘルパーさんやデイサービスとの併用と言われてもどこから手をつけたらいいのか・・・戸惑うことばかり。

 

2~3日の猶予を貰えると思っていたのにいきなり「帰れ」とは・・・。

信じられない気持ちと情けなさと、それでも何か行動を起こさなければという思いと・・・。

 

とにかく簡易ベッドの準備だけでもと思っていると病院から電話。

「市役所へ行ってください」

市役所、何課へ?と迷いながらウロウロ、地域包括支援センターで相談に乗ってもらうことができました。

先に看護師長さんから連絡が入っていたため、自宅へは帰らずショートステイを利用しながら次の入院先の空きを待つことになりました。

 

自宅介護・・・。

全く歩けない義父の介護は今の私たちには負担が大きすぎます。

主人は病気療養中のため家にはいますが、とても介護は無理ですし、私も仕事を辞めるわけにはいきません。

無責任なのか!?と責めてみたり・・・。いや助けて貰わないと共倒れと思ってみたり・・・。

 

こんなはずでは・・・。

一番いい方法を探してる。今はそんな状態なのかもしれません。

そして現実を受け入れなければならない時なのかもしれません。

2012年11月26日 (月)

プレゼント♪

11月25日

○○回目の誕生日でしたbirthday

 

母、兄、娘からはお祝いメールmailnotes

長男&末っ子からはなんとプレゼントがeye

ウルウル・・・lovely

こんなに大きくなったのかと。

 

「とびだせどうぶつの森」game

ニ○テンドー3DSの新しいソフト、気になってたけれど3DSも持ってないので諦めてました。

すると・・・。

二人で相談してダウンロードしてくれましたhappy01

ゲーム機本体は長男が使っていたものを持って帰って来てくれました。

 

嬉しいなぁ~heart02

お祝いメッセージももちろん嬉しいけれど、二人で送ろうと思ってくれたことが・・・。

 

この大変な時、兄からは「お前が元気でおらな」と励ましの言葉も添えられていました。

焦っても仕方がない。

目の前のことを一つずつ。みんなの見えない力を借りながら前進、前進scissors

2012年11月21日 (水)

距離

寒くなりましたねsnow

師走に向かって駆け足で過ぎているような気がしますcoldsweats01

 

義父は少し落ち着いてきています。

大声を出したり、夜中に何度もナースコールを押したり・・・。

同室の方々のことも考え部屋を変わっていましたが、やっと元の部屋に戻りましたhospital

 

昨日はお風呂に入り気持ち良さげup

上機嫌でした。

 

認知症も認められ、感情の起伏もあるのでしょう。

病院は近いし様子も気になるので顔を見にほとんど毎日行くのですが、仕事が終わってからではちょっと・・・。

義母の時もそうでしたが、距離を持たないとしんどいなぁ~とconfident

 

生活リズムの立て直しが必要ですね。

今日は少し愚痴ってしまいましたhappy01

2012年11月14日 (水)

笑顔♪

日曜日、家族が揃いましたnote

予定が入っていた娘も、祖父の怪我を知らせると帰って来てくれました。

 

三人の孫は二回に分けて病院へ。

男組(長男&次男)は土曜日に、娘は日曜日にそれぞれお見舞hospital

言葉は少ないけれどニコニコ上機嫌の義父でしたhappy01

 

娘は仕事柄、点滴の後のガーゼを外したりベッドの様子を見たり・・・。

ちょっぴり普段の仕事の様子が見え隠れ。

義父が手術前に大声を出して迷惑をかけたことを話すと

「私なんて毎日みたいに接してる」と・・・。

叩く、蹴る、つねる、噛む・・・平常心を失った患者さんは本当に大変と・・・。

 

義父は一晩中「痛い、痛い」と言って困らせたことなど今ではすっかり忘れています。

順調に回復しているようですが、リハビリまでの道のりは遠く感じます。

最終目標は「歩くこと」

一歩でも近づけるように・・・。

焦りは禁物ですねcoldsweats01

2012年11月10日 (土)

睡眠

ウトウトウト・・・。

主人も私もおじいさんも・・・coldsweats01

 

病室で座っているとついウトウト。

少しずつ落ち着いてきています。

 

牽引の金具や錘が痛くてパニックになっていた時のことはすっかり忘れ、「そんなんあったんか?」状態(汗

話を蒸し返しても仕方ないので軽く受け流し・・・happy01

「迷惑を掛けんようにな」と。

 

輸血を受けたので少し熱が出ていましたが、心配するほどのことはなかったようです。

「あそこに虫がおる」

「あれは天井の模様や」と説明すると、「そうか」とわかってるんだか・・・(笑

 

夕食は「うまかった」そうで、ボチボチですが順調に回復している感じです。

 

 

ブログを通じてのお見舞いコメント、ブログパーツ「ピクミー」を通してのお見舞いコメント、本当にありがとうございます。

皆さまのお気遣い励ましをエネルギーに変えて頑張ります。

頑張り過ぎないように、無理しないようにheart04

2012年11月 9日 (金)

手術

義父の手術は無事に終わりました。

予定時間より少し長かったように思いましたが、まずは一安心。

 

昨夜は「痛い!」「起こせ!」「ここはどこや?」等々、一晩中大声で繰り返し主人も一睡もできない状態でした。

今夜は・・・。不安を抱えて病院からの電話を待っていますが、義父は今のところ静かに眠っているようです。

 

「ボルトで固定」

レントゲンで確認させてもらいました。

股関節、膝関節がかなり変形しているので、今まで以上にうまく歩ける可能性は少ないのですが、リハビリを頑張って寝たきりにならないよう注意が必要です。

 

一瞬のこと。怪我は本当にアッという一瞬なんですね。

麻酔から覚めた義父は意識が混濁していましたが、少しずつ元に戻っているように感じました。

年末には退院を目標にリハビリ頑張りましょう。

2012年11月 8日 (木)

入院

義父が6日の早朝、転んで大けがをしてしまいました。

いつも暗いうちからごみの整理をするのですが、段差に躓き転倒。

右大腿骨骨折・・・。

 

動かそうにもとても痛がり無理と判断、救急車を呼んで搬送。即入院となりました。

突然のことに驚きながらも仕事先に連絡、何とか代わってもらい主人と付き添うことが出来ました。

 

手術は8日。

ボルトで固定ということです。

86才という高齢のこともあり、リスクも高いということの説明を受け帰宅。

寝たきりにならないようにとの注意も受けました。

 

夕食後、病院から電話。

「大声を出したり、足を引っ張っている錘を外そうとしている」と・・・。

すぐに主人と駆けつけましたが、「痛い、痛い」と大きな声。

顔つきも少し変わっていました・・・。

 

お医者さんからは「認知症も少しある」とのお話があり、こちらも気付いてはいましたが入院して症状が進んだような気がしていました。

「どなたか付き添ってほしい」とのことで今夜は主人が付き添っています。

療養中の主人には辛いと思いますが、頼んで帰ってきました。

 

手術をして少しでも楽になってほしい・・・。

自転車は無理でも歩けるように・・・。

今は手術の成功を祈るのみです。

 

 

※砂の美術館は少し休みます。

お天気は・・・♪