« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月29日 (土)

砂 in 鳥取県砂の美術館〜フィナーレ〜

砂 in 鳥取県砂の美術館〜フィナーレ〜

おとぎの国にご招待♪

来年はいいことあるといいなぁ〜。

屋外の展示は寒かった{{(>_<;)}}

係りの方の「こんにちは」の明るい声にちょっぴりほんわか、会場を後にしました。

来年も?行ってみようかな(^_^;)

砂 in 鳥取県砂の美術館〜Ⅲ〜

再開といいながらこの始末・・・。
お尻に火がついて燃えちゃった?(爆
 
 
ヘイ! タクシー!と言ったかどうか・・・。
砂像の数がありすぎて、あれもこれもと欲張ります。
 
 
こちらはエリザベス女王。
細かい所まで丁寧に・・・どこを見ても感動&ため息(笑

2012年12月12日 (水)

砂 in 鳥取県砂の美術館〜Ⅱ〜

砂 in 鳥取県砂の美術館〜Ⅱ〜

チケットを買って中に入り最初にドド〜ンと目に入ってくるのがこの作品。
一瞬目を見張り立ち止まってしまいます。

緻密さと想像を超えた作品の数々にほとんどの方がホォ〜と驚きの声を上げておられました。


そろそろ再開しようかな・・・と。
来年にはテーマが変わってしまいます(^-^;

2012年12月 9日 (日)

毛ガニ♪

毛ガニ♪

「これあげるわ。食べといてな」と手渡された一枚のハガキ。

「毛ガニ300g、二杯交換券」と書いてあるo(^-^o)
カニ、カニ、毛ガニ♪

友達の披露宴のビンゴで大当り!した商品でした。

待つこと約3週間、早速頂きました。
美味しかった(^O^)/
ありがとう。

2012年12月 8日 (土)

小休止

ビュービュービューcloud

冷たい北風が吹きつけています。

こんな日は暖かい部屋でマッタリと・・・。やっていますnote

 

義父が怪我をして約1ヵ月が過ぎいろんなことがありました。

病院、仕事、家事・・・。

「病院へ行かなければ」という思いはずっと心の中に引っかかっていました。

見舞い。

看護師さんたちの鋭い視線・・・。

気持ちよく接して頂ける日もありましたが、それはやはりつらいものでした。

 

退院、介護施設への移動・・・思ったほどの疲れもなく義父は落ち着いていました。

面会。

転倒を考えて畳の上に布団を敷いて寝ていました。

何もない殺風景な部屋。

目の届かないことを前提に極力無駄な物、必要のない物はすべて預かりということ。

 

淋しいやろな・・・。

仕方ない・・・。今のままではどうしようもない・・・。

家族の負担を考えれば介護専門の施設の選択が正しいと思える。

 

今日は久しぶりにリラックス。

「行かなければ」「また迷惑をかけているのか」という気持ちから少し解き放たれて小休止。

今の施設にずっといるわけではないのでまだまだ落ち着いたわけではないけれど、肩が軽くなりましたhappy01

2012年12月 6日 (木)

現実

義父が入院して一ヵ月が過ぎました。

順調に回復、リハビリも頑張っていると思っていた矢先のこと・・・。

病院から電話がありました。

 

迷惑をかけているということは何度か聞いていましたが、最後通告を受けるとは思ってもみませんでした。

「眠れない」「一晩中ゴソゴソやっている」「ナースコールを何度も鳴らす」等々・・・。

辛い言葉ばかり。

そして、「自宅へ連れて帰って下さい」と・・・。

 

「もうこれ以上は無理!」

認知症状が出始めている義父は昼夜逆転生活。

同室の方も我慢の限界なのかもしれません。

 

「自宅へ」と言われても何の準備も心づもりもなく、ただただオロオロするばかり。

車に乗せても家の中までどうやって連れて入るのか・・・。

介護認定を受けてヘルパーさんやデイサービスとの併用と言われてもどこから手をつけたらいいのか・・・戸惑うことばかり。

 

2~3日の猶予を貰えると思っていたのにいきなり「帰れ」とは・・・。

信じられない気持ちと情けなさと、それでも何か行動を起こさなければという思いと・・・。

 

とにかく簡易ベッドの準備だけでもと思っていると病院から電話。

「市役所へ行ってください」

市役所、何課へ?と迷いながらウロウロ、地域包括支援センターで相談に乗ってもらうことができました。

先に看護師長さんから連絡が入っていたため、自宅へは帰らずショートステイを利用しながら次の入院先の空きを待つことになりました。

 

自宅介護・・・。

全く歩けない義父の介護は今の私たちには負担が大きすぎます。

主人は病気療養中のため家にはいますが、とても介護は無理ですし、私も仕事を辞めるわけにはいきません。

無責任なのか!?と責めてみたり・・・。いや助けて貰わないと共倒れと思ってみたり・・・。

 

こんなはずでは・・・。

一番いい方法を探してる。今はそんな状態なのかもしれません。

そして現実を受け入れなければならない時なのかもしれません。

お天気は・・・♪